整形外科について

当院の整形外科orthopedics

幅広い領域を受け持つ科目だからこそ多種多様な疾患に対応できるよう努めています

整形外科は、運動器(骨、関節、筋肉、神経など)の幅広い領域を受け持つ診療科です。
そのため整形外科の分野も部位ごと(股関節・膝関節・手外科・足の外科・脊椎脊髄病外科・小児整形外科など)に細分化されたたくさんの専門領域があります。
多種多様な疾患でお困りの患者さまに少しでもお役に立てるためにさまざまな分野に対して日々スキルアップ・レベルアップに励んで診療にあたっています。
手術が必要な症例も迅速に方針決定し、専門性の高い手術が必要な患者さまに対しては院長の出身医局である九州大学整形外科教室関連の病院に紹介するなど人脈をフルに活用して幅広い疾患に対応するよう心掛けています。

手の主な疾患と治療hand diseases

手根管症候群
(しゅこんかんしょうこうぐん)

【画像】整形外科イメージ画像

手首の手のひら側には神経と9本の屈筋腱が通るトンネル(手根管)があります。何らかの原因でこの神経(正中神経)が圧迫され、手指のシビレや痛みなどを起こす病気を手根管症候群といいます。
女性に多く、糖尿病や透析患者さまに関連して起こることが多いのですが、原因がはっきりしないこともあります。頸椎のヘルニアや頚椎症からくる神経症状と間違われたり合併していることも多く、慎重な診察とMRI検査・神経伝導速度検査などを行い診断します。

症状

  • 親指側の手指にしびれや痛みが出る
  • 親指を起こす動きが悪くなる
  • 硬貨をつまむことなどが難しくなる  など

治療

  • 手首の屈曲を制限するため夜間装具を使用
  • ビタミン剤の内服
  • ステロイド剤の手根管内注射  など

症状が軽快しない場合や長期にわたっている場合は、手術によって手根管を切開したり、反回運動枝を神経剥離したりします。

肘部管症候群
(ちゅうぶかんしょうこうぐん)

肘の内側には肘部管という尺骨神経が通るトンネルがあります。肘の屈伸運動、肘の骨関節変形、スポーツや外傷により、尺骨神経が圧迫や摩擦・牽引などの刺激を受けると、神経の機能障害が起こります。進行すると、以下の症状の項目に示すような運動障害を起こします。

症状

  • 手の小指側にシビレ感・疼痛、感覚障害が起こる

進行すると、以下のような運動障害を起こします。

  • 手の中の筋肉がやせ細り力が入らなくなる
  • 薬指小指がしっかり伸びない
  • 指を閉じることが難しい
  • 箸使いが困難  など

治療

治療は手根管症候群と同じくビタミン剤等の内服を試みますが、筋肉がやせ細ったり症状が難治の場合には神経の圧迫を解除し緊張を和らげるため一部骨切除して肘部管を広げたり、神経の走行位置を変えるような手術を行います。

手指の狭窄性腱鞘炎(きょうさくせいけんしょうえん):ばね指・ドゥケルバン腱鞘炎

【画像】整形外科イメージ画像

手指を曲げたり伸ばしたりする腱は効率の良い運動機能を発揮するために靭帯性腱鞘というトンネルを通過します。炎症を起こしてトンネルの壁が厚くなったり、腱が腫れたりしてスムーズな運動ができなくなり腱が引っかかる症状を狭窄性腱鞘炎といいます。
使いすぎにより起こることが多いのですが、糖尿病などの代謝疾患や更年期・周産期の女性に多くホルモンの影響も示唆されています。
指を曲げるための腱に起こることがほとんどですが、親指を伸ばす腱にも起こること(ドゥケルバン腱鞘炎)があります。

治療

  • 使いすぎを制限
  • 外用薬の使用

症状が続く場合には腱鞘内に注射を行うか、手術により腱鞘を切開します。
当院では親指以外の手指屈筋腱鞘炎はキズの小さい内視鏡下手術を行っています。

デュプイトラン拘縮
(でゅぷいとらんこうしゅく)

手のひらの皮下にある薄い手掌腱膜がひも状に分厚く短縮し、指が曲がって伸びにくくなる病気です。通常痛みはなく原因はよくわかっていません。薬指や小指に発症することが多く、左右ともに発生したり、足の裏にも起こることがあります。

治療

リハビリなどの保存的治療は効果に乏しく、従来は手術で分厚くなった腱膜をすべて取り除くことが必要でしたが、2015年から索状腱膜を溶かす作用のある注射薬が使用できるようになり、注射24時間後に伸展強制し皮下断裂を起こさせる治療法が認可され、手術と変わらぬ治療効果があると言われています。誤注入などによる合併症が懸念されるため、使用できる医師は手外科専門医である必要があります。

当院では通常の手術は可能ですが、注射での治療を希望される場合は豊富な経験を持った手外科専門医を紹介できます。

肩関節の主な疾患と治療shoulder diseases

主な疾患

肩関節の疾患は非常に多岐にわたります。

  • 鎖骨骨折
  • 上腕骨頚部骨折
  • 肩関節脱臼
  • 肩関節不安定症
  • 腱板損傷
  • 変形性肩関節症
  • 肩関節拘縮
  • 五十肩
  • 野球肩  など

診断には詳細な理学所見のほか、MRIや超音波などを用いて低侵襲かつ確実な診断を行うようにしています。また、肩関節疾患の治療は手術をする/しないに関わらずリハビリテーションが重要になります。リハビリテーションスタッフと密に連携を取り合って診療に当たっています。
肩関節手術については上肢・肩関節を専門にする医師を紹介しています。

鎖骨骨折・上腕骨頚部骨折など骨折の治療

転位がほとんどない場合や不安定性がない場合には、手術を行わずに治療することも可能ですが、転位が大きい場合や粉砕している場合、開放骨折などは手術が必要になります。

肩関節脱臼の治療

若年者ではスポーツによる受傷が多く、一度でも脱臼すると「肩関節不安定症」という肩が外れやすい状態になってしまいます。
繰り返し脱臼するとスポーツなどさまざまな活動に制限が必要になるばかりでなく、日常生活にも不自由するようになります。脱臼するたびに骨や靭帯を傷めることになるため、できるだけ早期に手術を行って「脱臼しにくい肩」に戻すことが必要になります。

腱板損傷の治療

棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋という4つの筋の腱が肩関節を覆うように板状になっている部分を腱板と呼び、ここが損傷された状態を腱板損傷といいます。
中高年者に多く、特に棘上筋、棘下筋が傷みやすく、手を挙げようと思っても痛みで挙げられなかったりうまく力が入らなくて挙げられないなどの症状が起こります。自然に症状が消失することも少なくありませんが、症状が残る場合には手術を行って損傷した部分を修復する必要があります。

スポーツによる障害について
【画像】スポーツによる障害イメージ画像

肩に限らずスポーツによる傷害は局所の治療だけではなく全身をくまなくチェックして傷害予防を行うことも重要で、延いてはパフォーマンスの向上にもつながります。当院院長は日本整形外科学会認定スポーツ医の資格を取得しており、幅広い知識と技術で診療に当たっています。

下肢の主な疾患と治療lower limbs diseases

膝関節

変形性膝関節症

関節の表面を覆う軟骨は血流がないなどのため、一旦損傷すると自然に治癒することはありません。徐々に範囲が広がり、骨関節の変形・疼痛を生じてきます。

治療

  • 初期の軟骨損傷に対する治療
    関節内ヒアルロン酸注射・膝伸展位挙上筋力強化訓練・足底板を用いた保存的治療などを行い、疼痛が改善しない患者さまには関節鏡下骨穿孔術・関節鏡下デブリードマン等を行っています。
  • 変形が進行している場合
    高位脛骨骨切り術や人工膝関節置換術が必要となります。
    その場合は大学病院や機関病院で膝関節を専門にしている整形外科医師を紹介しています。大きな病院では術後2週間程度しか入院できませんが、それ以上の入院リハビリテーションが必要な場合、当院へ転入院してリハビリテーション継続も可能です。もちろん通院でのリハビリテーションも可能です。

半月板損傷

半月板は膝関節に加わる衝撃を和らげるクッションの役割をしており、捻挫などの外傷・先天的な異常・加齢による変性などが原因で損傷を生じます。

治療

半月板損傷に対する治療は、関節鏡手術による半月板部分切除術もしくは半月板縫合術を行います。
将来的な関節変形を予防するためにできる限り半月板を温存したほうが良いと考えられているため、当院でもできるだけ縫合術を選択するようにしています。半月板を縫合した場合は、入院期間は4週間程度、スポーツ・仕事復帰は3か月程度を目安にリハビリを行います。

よくあるご質問

半月板・腱鞘切開などの鏡視下手術の際、自分の膝の中をテレビ画面で見ることができますか?

全身麻酔の場合はできませんが、腰椎麻酔の場合は見ることができます。

前十字靭帯損傷

サッカー、バスケットボール中の急激な方向転換やジャンプ着地時などに膝を捻挫した際に生じます。前十字靭帯は一度損傷すると自然治癒することはなく、日常生活・スポーツ活動中に膝くずれを生じ、放置すると将来的に高度の変形性膝関節症を生じます。

治療

一般的な治療は、前十字靭帯再建術です。
方法はさまざまありますが、当院ではこの手術は行っておらず膝関節の専門医を紹介しています。手術をした病院の退院後は当院にて入院でも外来でもリハビリ継続が可能です。スポーツ復帰までは9~10か月かかります。

股関節

  • 変形性股関節症
  • 大腿骨頭壊死

小児整形外科領域pediatric orthopedics

発育性股関節形成不全

【画像】小児整形外科領域イメージ画像

以前は「先天性股関節脱臼」という病名でしたが、近年、完全な脱臼にはいたらず亜脱臼状態で経過するものや、求心性は良いが臼蓋形成不全のみを認める例、などの病態が明確に画像診断できるようになったこともあり、これらを総称して「Developmental Dysplasia of the Hip (DDH)」(発育性股関節形成不全)と呼ぶようになりました。

乳児検診で疑われた場合

小児科医による4か月乳児検診で疑われた場合、二次健診先として整形外科専門医に紹介されます。当院も紹介先の1つとして、受入れを行っています。
脱臼や亜脱臼があり装具治療などが必要と判断した場合には、こども病院を紹介しています。

そのほかの疾患

  • 特発性側弯症
  • ペルテス病

体幹の疾患trunk diseases

  • 頸椎椎間板ヘルニア
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 変形性頚椎症
  • 変形性腰椎症

よくあるご質問

椎間板ヘルニアは手術しないといけないですか?

神経麻痺がある場合や保存治療によって長期間治らない場合は手術をする場合があります。
しかし、手術したからといって完治するとは限りません。手術せずに症状が軽快する場合が多いようです。

免疫・代謝疾患immune and metabolic diseases

  • 関節リウマチ
  • 骨粗鬆症

関節リウマチ

現在では、早期発見早期治療により寛解(症状がほとんどなくなること)になる場合が増えてきました。
当院では世界的にリウマチの標準治療薬となったメトトレキサートを中心に治療を進めています。経口治療薬の効果が不十分な患者さまにはレミケード点滴静注やエンブレル皮下注など生物学的製剤を使用しています。

骨粗鬆症

検査は血液検査・尿検査による骨代謝マーカーの測定とDEXAによる骨密度測定検査があります。
薬は年齢や症状によって異なりますが、骨吸収阻害剤(ビスフォスフォネート・サーム)や腸管からのカルシウム吸収を促進するビタミンアルファD3を併用する治療が推奨されます。ビスフォスフォネート製剤には週に一回服用すればよい薬もあります。